日々、嵐っく…

一人じゃないよ。
俺も、嵐の皆も、ファンの皆も、あなたの事を想ってるよ。
大丈夫、一人じゃないよ。 〜Enjoy〜
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ∞と新次と拍手コメントのお返事です | main | 智ドラマとワイルド7でいそがしい朝 >>

あゝ、荒野 11/20 マチネ

ボーッと時間だけが過ぎていく毎日。



まだまだ潤くん演じる新次に浸っています。



でも悲しいんだよね〜

日ごと薄れていく記憶…


レポなんて神業ワタシには到底ムリって事はわかりきったことなので
見たこと、感じたこと ポツリポツリと綴っていきたいと思います。
(ブログなんてさぁ〜すぐに書かないとダメね。苦笑)


ネタばれも含んでいるかと思いますので
NGの方はここまでで。

素人目線なおかつ潤くんご贔屓メガネ着用の上だとご了承くださる方のみ
続きへどうぞ。。。




23.11.20 青山劇場 12:00開演

K列 下手通路側。



DVC00238.jpg




JUGEMテーマ:ジャニーズ
JUGEMテーマ:
 
北陸の曇天が嘘のように暖かい日曜日。

待ちに待った舞台の日。

渋谷駅からの長い上り坂も苦にならない軽い足取りで向かうは青山劇場。 


初めての青山劇場。

道合ってるの??
っと不安になりながら、↓コレを見つけてホッ。

DVC00240.jpg

岡本太郎さんありがとう(*´∀`*)。

この“こどもの樹”。
ひとつひとつがほっこり癒し顔なんで好きですね〜

このシンボルの前で深呼吸して、いざっ劇場へ。

ワタシの席は下手の通路ヨコ。
何やらこの舞台、かなり客席を使うって?

ハンパない緊張がワタシを包みました(苦笑)

手汗かいてましたもんね(´Д`。)




ワタシにとっては初の蜷川舞台。
ただもぅ、想像を超えた素晴らしさでした。

潤くんが本当に真剣に取り組み、すべてを注いでこの舞台に賭けた想いが伝わってきて
涙が出ました。

皆さんから聞こえる声は絶賛で、専門家の方々からの劇評もかなり良く、安心して見れたんですが
(実はこの眼で見るまでやはりどこか不安でした)見終わってまず
『蜷川さんありがとう!!』
って心から感謝しました。

きっとね、潤くん、舞台をずっとやりたかったんだろうな。。。

ちゃんとした人について、しっかりと稽古の時間が取れ、
万全で臨んだ舞台は本当に素晴らしいものでした。

長い間続けてきたラジオを自分で終わらせてまで全力で取組んだんだもんね。

鍛え上げられたカラダはもちろん、声の出し方も役作りも、すべてにおいて、潤くんの意気込みが感じられるかのようでした。


新宿新次。

まるで松本潤のためにあるような、そんな“当たり役”でした。


開演前から演者さんが舞台上で自然に演技を始めてます。
幕なんてなく、セットすらない。

そんな不思議な舞台。


トラックに乗って現れる新次。

存在感がハンパないっ!!

そこにいるだけで、激しいオーラを放ってます。

あの松本潤の華やかさは生まれ持った恵まれた大きな大きな武器です。

舞台栄えする顔立ち。
ありがとう神様。゜(>д<)゜。

どっからどう見ても『新宿新次』。

片方に重心をかけたあの潤くんのモデル立ちじゃなく、チンピラ兄ちゃんの新次です。

口ばっかり大きな事を言って多少ウザいキャラな新次だけど、ウザい役、潤くん得意だよねー




戯曲を読んで舞台にのぞんだので、この舞台の色んなシーンには覚悟が出来てました。
(…何の覚悟だよっ)

女とヤル事だけ、気持ちいい事やりたいだけ…の新次が放つセリフ。
活字で見たのと、潤くんから発せられるのとじゃ大きな違いです!

『どうだ?俺、すごいだろ??』
『腰が立たなくなるくらいヤッてやるぜ』

テレビドラマじゃ聞けないもんね。

『(自信ありげに)どうだった?』
きゃーっ ウザい!!(笑)

新次じゃなかったら超〜イヤだわワタシ。

『俺、頑張ったからな。すごいだろ?』

…なんか新次って可愛いかも(笑)

肝心の場面はさっさと白いシーツかぶっちゃうんで残念なんですけど
双眼鏡を使うとね〜うっすらと見えるんですよ(//∇//)

ズボンを脱ぐ様子も、芳子に覆いかぶさる様子も…

このズボンを脱ぐ新次(のシルエット)に激しく萌えたワタシです(//∇//)

ナニが終わった後、タバコを吸う新次。

噂には聞いてたけど、超絶カッコイイ!!!!

…これ、実生活を想像しちゃうよね〜

芳子と絡むいたるところにきっと“素の松本潤”が潜んでるんだ!
って思うとただひたすら双眼鏡を覗いてたワタシです。
…他の演者さんゴメンナサイっ

背後から右腕を芳子の首に巻きつけ抱きしめてる新次…
左手は、芳子のおっぱい触ってたよね??
最初、かすかに新次の左手動いてたよね??

相手役の黒木華さん。
とっても演技のお上手な方でして、発声もしっかりしてて“舞台女優さん”って感じの方でしたが
もっと肉付きのいい方でしたら、周りの嫉妬も大変だったろう…って思いました。
米○涼子とか、セクシー系の容姿の方じゃなくて助かりました(黒木さんゴメンナサイっ)

眠っちゃって、芳子にサイフ盗まれちゃう新次。

頑張ったからね〜 そりゃあ疲れるよね。
なんて可愛いんだ!
でも無防備に、客席に向かってパンイチで横たわって寝てるから(しかもかなりの時間)
隣りで続いてるお芝居なんて目に入りませんっ。

ゴメンナサイ、小出くん…。

グリーンラベルのにのちゃんのように目の周りにアトがつくんじゃないかってほど
双眼鏡で新次を強く覗いてました、ワタシ。。。

コレ、失礼な話ですよね…
他の演者さんにとっては。

目が、あと2つ欲しかったです。
新次だけをおいかけて見つめる目、と
芝居全体を見渡す目…


2度目のベッドシーン。
すっかり新次に溺れちゃって背中にまとわりつく芳子。

…あー変わって欲しい。゜(>д<)゜。




…ブログに書けない感想ばかり書いちゃいそうなのでやめた(苦笑)

女との絡みのシーンや、潤くんの鍛え抜かれたそのカラダばかり見てたわけじゃないもんね。



ワタシがいっちばん息をのんで引き込まれたシーンは
新次のシャドーボクシングのシーン。


かなりの体力を使うだろうに、全然息も上がらないでセリフを言う潤くん。
もぉ見事です!
余程トレーニングしたんだろうなぁ〜

そしてもう“神がかり的な美しさ”なんですヾ(*≧∇≦)〃

きめ細かい色白な肌が、徐々にピンクに色づいて
汗ばんでくる姿が本当にキレイです!





あっ
まだまだ喋りたいこといっぱいあるんだけど(ボクシングシーンとかバリカンとのシーンとか…)
今から、智のハピバ&映画“怪物くん”見てきますんで
一旦、あっぷ〜

…中途半端な感想で申し訳ないっ。゜(>д<)゜。あははっ







潤くんゴト | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする